University of Warwick

留学先大学のプログラムウェブサイト

University of Warwick

プログラム日程

2021年2月8日(月)~2月19日(金)(現地時間)

プログラム期間

10日間

学習内容

以下、2つのコースから選択し受講する。(2コース受講することも可能。) 「プレゼンテーションスキル」、「英国文化の側面」 各コースは10回のセッションで構成されている。ディスカッションやタスク、グループワークがあり、アカデミック・スキルの習得を目指す。

授業時間

1セッション:合計2時間 ・synchronous(ライブ、チューターと学習)×1時間 *詳細な時間は確認中 ・asynchronous(自己学習)×1時間

研修言語

英語

語学レベル

不問

費用

1コース:£550(約77,000円)  2コース:£900(約130,000円)

立命館奨学金

1コース:10,000円 2コース:20,000円

申し込み締め切り

2021年1月8日(金)まで(現地時間)

現地問合せ先

ShortCourses@warwick.ac.uk

ウォーリック大学

担当者おススメ度
5/5
ウォーリック大学(University of Warwick)は、イングランドのウェスト・ミッドランズ州コヴェントリー市にある総合大学である。1965年設立。イギリスの研究型大規模大学連合「ラッセル・グループ」加盟校。
ウォーリック大学は400を超える企業[2]との産学連携など、数々の先進的な施策に積極的に取り組んで卓越した成果を上げており、英国首相在任中のトニー・ブレアも「そのダイナミズム・質・企業家精神によって、イギリスの大学を先導している」と評した。
また、ビル・ゲイツは、2017年4月にスイス・ジュネーブで開催された Neglected Tropical Diseases Summit (NTD Summit) (顧みられない熱帯病サミット) において「英国のウォーリック大学のような世界有数の研究機関は、世界の最貧層の人々を顧みられない熱帯病から守り、より健康的で豊かな生活を送ることに大きな役割を果たしている」と称賛した。